チェックマーク

志望動機の例文で見えてくる大事なポイント

詳しく知りたい方はこちら

男の人

書いておきたいこと

志望動機により厚みを持たせるには、内容に含ませたいことがいくつもあります。詳しくはこちらで紹介しているので、書き始めの人は一旦手を止めましょう。

READ MORE
文房具

書き方の手順

ただ書くだけでは志望動機を上手に仕上げることはできません。書き方の手順を知ることでもっと良い文章にすることができます。ぜひ参考にしてください。

READ MORE
履歴書

覚えておきたい注意点

志望動機を書く上で注意したいことがあるのをご存じですか?ほとんどの人がやってしまいがちな癖をこのページで紹介しています。気になる人はポチッとしてください。

READ MORE

大事なのは文の構成

構成を無視した書き方は、たとえ熱意はあってもハチャメチャな文章で読む気が失せてしまいます。大事なことは上手に構成し、読みやすいようにすることです。

これを知れば上手に書ける

まずは学校に入りたい明確な理由を設定しよう

何故この学校に入りたいのか、何をしたいのかという部分を紙にまとめおくことはとても大切。どんな理由でも構いません。多くは「頭が良いと思われるから」「キャンパスがキレイだから」という理由ですが、「資格取得のために」や「設備が充実しているので研究に没頭できそう」などと具体性を持たせることが重要です。

志望校を研究してみよう

志望動機を書く前に、学校の資料請求を見て研究することも大切ですよ。それらの情報でこの先生の元で勉学に励みたい、充実した環境の中で可能性を広げたいなど、学校を志望するきっかけとなる理由を見つけることができます。

入学した後の生活を想像する

自分で考えた志望動機を元に、入学した後どのような学校生活にしていきたいかという部分にも力を入れるべきです。「勉強をしながらボランティア活動に精を出したい」という説得力ある例文は、将来どのような社会人になりたいかというイメージに繋げられるからです。

興味のある分野はパパッと検索しよう

行きたい学校の研究は志望動機を書く上で必ず必要です。また、資料には学部や扱う分野の種類、資格と就職に関する情報を沢山詰め込んでいます。オープンキャンパスもあるので、より説得力のある志望動機にしたいなら実際に見学しましょう。

[PR]

志望動機の例文や書き方を徹底解説!
役立つ情報を豊富に掲載☆ 小論文の添削をお願いする指導内容を確認しやすい

書く前に押さえておきたい事

勉強道具を持つ人

実際に書いてみよう

材料が全て揃ったら、志望動機の例文に習い、自分の思いを紙に起こしていきます。この時、起承転結を意識して書くと学校側から文章能力が高い人という印象を植え付けることができます。

厳しい決まりはない

志望動機に関しては基本、自由です。自分が書きやすいと思う方法を使うのが一番いいでしょう。始めに起承転結を決めておくとスラスラかけますが、最初に結を持ってきて理由を掘り下げていくというやり方も面白みがあってgoodです。